とある村の筆下ろし事由

ここは方田舎のとある民家。蝉がミンミンと五月蠅く鳴く暑い夏季の日、○大学生位のちっちゃい少年が一人、女子周辺年齢の離れた綺麗なマミーを前にして緊張していた。
「(うわぁ……綺麗な顧客ですなぁ。この人がわたしのおライバル……)」
女性は少年を見てにこやかにほほ笑む。
「拓海氏ね。お話は聞いてるわ。自分は千尋よ、ヨロシクね」
「は、うん。ちひろ君……」
恥ずかしさの思いの外、俯いて仕舞う拓海。こんな少年を手厚く抱き締める千尋。
「ドキドキしてるの?安穏よ……優しくして挙げる♡」
「……」
――少年の村には昔から通じる習慣がある。それは、一定の生年月日に達したダディと大人のマミーで受ける“筆おろし”。
誰にしてもらうかはくじでする点になってあり、拓海のライバルは千尋となったのだ。
それを彼氏の友達のたけがいうには、
「嬉しい。あの古臭いお家のお姉さんでしょ。物凄い巨乳なんだよ。こうしたん!」
「へ、へえ」
「己なんてよっちゃんちの母だよ。美人だけど恥ずかしいよなぁ」
――友達の言う通り、千尋の母乳は彼氏の女子よりも大きく、見るだけでそそられるでかさだった。
「なるほど、おっ○い機に達する?」
彼氏の視線に気づいたのか、千尋はトップスをめくり、胸を見せてくれた。
図書作品は夫用品物で、少年が年上のお姉さんとエッチしまくるお伝え。
おねショタモノですね。ひぐま屋君の同人品物だ。
個人的にも大好きな品物だわ。少年が微笑ましく、それでいてお姉さんも美人で暖かい。それでいてお互いに元気過ぎず、和姦なのも良いですね。これぞおねショタ!と言えるグッズでしょう。
そして千尋君の大きな魅力の一つは巨乳。筆おろし始めるに当たり、最初はおっ○いから入って行く事になるんですが……おっ○いへの愛撫現状が数多く、おっ○い博士には堪りませんね。
無駄口シーンや脇役などもオール無く、どんどん両人が絶えずエッチしまくるパーツなのも喜ばしい!しかも一度だけでなく、2,3都度エッチしますので、見応えあり。ヌくのに好都合と言えます。
図書作品を思いに言ったら、正邪他の同筆者君の品物もとにかく見てみるといいかもしれません。最近はおねショタメインのたぐい君なので。
図書作品は全編全力カラーで、お話のかさも数多くなく、適度なかさなので、コストパフォーマンスも良いですね!安価で可愛いアダルト戯画を楽しむ点こそ、ダディの本懐と言えるでしょう!
図書作品はDMMコミックなどでデリバリー間だ!
とりあえず、正邪一度、例を読んでみてください!後悔しないデキだ!
千葉県の不倫調査